サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
24ブッダの嘘と方便 −スピリチュアル寓話集−

修行中のブッダ像


ゴータマ・ブッダと弟子のアナンダが、ある日、町にむかって歩いていた。
彼らは途中で道に迷ったらしく、日没の時刻になっても町には着かなかった。アナンダはしだいに不安になってきた。ブッダは年老いた身で、しかも病気だった。それにもかかわらず、一日中歩いている。彼には夜ゆっくりと休めるところが必要だった。
ちょうどそのとき、道のかたわらでまきを集めているきこりがいた。
アナンダが彼にたずねた。
「町まではどれくらいあるかね?」
きこりが言った。
「心配しなさんな。せいぜい二キロってところでしょう」
きこりの言葉は、アナンダに新しいエネルギーを与えた。
ブッダは微笑んだ。アナンダは、なぜブッダが微笑んだのかわからなかったが、すでに疲れていたので、そのままにしておいた。
それから、彼らは二キロ以上歩いた。しかし、町が近づいたようすはなかった。あたりは薄暗くなりはじめていた。道のわきに一軒の農家があったので、アナンダがそこにいた老婆にたずねた。
「町までどれくらいあるかね?」
すると、老婆が言った。
「あと二キロ、ここまでくれば着いたようなもんじゃ。もうちょいと頑張りなされ!」
アナンダがつぶやいた。
「さっきの男も二キロと言い、またこの老婆も二キロと言う」
ブッダがまた笑った。そして、言った。
「たぶんそうなのだろう。あと二キロ、歩くとしようか」
そして、二キロは歩いただろう。だが、依然として町は見えなかった。アナンダはますます不安になっていった。
ちょうどそのとき、むこうのほうからひとりの男が歩いてくるのがみえた。
彼なら町までどれくらいか知っているにちがいない、彼は町のほうから歩いてきているのだから・・・、アナンダはいきおいこんで彼に声をかけた。
「町まであとどれくらいあるかね?」
男が言った。
「どれくらいかですって? そうですね、ちょうど二キロってとこでしょう」
それを聞くと、ブッダがまた微笑んた。
「もうたくさんだ!」とアナンダが叫んだ。「このあたりの人たちはほんとうに奇妙だ。だれもがあと二キロだと言う。だが、そうやって、我々はもう四キロ以上も歩いた。そして、それでもまだ二キロだと言う。そして、あなたは笑っている。あなたは、私が不安になるをの笑っているにちがいない!」
ブッダが言った。
「アナンダ、おまえはわかっていない。これこそ、私が生涯ずっとしてきたことなのだ。ここの人たちはたいへん慈悲深いにちがいない。彼らは、二キロではないことを知っている。しかし、そうやって私たちを四キロ先まで進ませてくれた。彼らは嘘を言っている。だが、その嘘は慈悲以外のなにものでもない。だから、私は笑っていたのだ。おまえを笑っていたのではない。私は、これこそ私が生涯してきたことだと思って、笑っていたのだよ。人々が、光明はどれくらいさきにありますかとたずねると、私は『あと二キロだ、もう少しだ』と言う。そして、それはつねにあと二キロだ。しかし、それによって人々は、旅を続けることができる。彼らは近づきつつある。だが、あと二キロ・・・それはつねに変わらない。ここの人たちはとても慈悲深く、しかも人間の心理をよく知っているようだ」



この寓話のコメンタリーはこちらからどうぞ。


修行後のブッダ像



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| スピリチュアル寓話集 | 13:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
23探求 −スピリチュアル寓話集−

タゴールとガンジー(上の写真)

私は幾多の生にわたって、神を捜し求めていた。
あるとき、はるかかなたに彼の姿を見いだしたことがある。私は全速力でそちらにむかって走った。しかし、そこに着いたときには彼はもはやいなかった。
私は捜しつづけた。無我夢中で進みつづけた。
そして、私はついに一軒の家のまえにたどりついた。門には「神の家」と書かれた表札がかけてあった。
そのとき、はじめて、私は不安にかんじた。突然、恐怖にかられてしまった。そして、足元がガクガクふるえはじめた。
私はおぼつかかない足取りで、階段をのぼった。そして扉をたたこうとした瞬間、ある啓示がひらめいた。
「扉をたたいてはいけない! 」
もし扉をたたいて、神がやってきたらどうなるだろう?――その瞬間、すべてが終わってしまう。このすばらしい旅、聖地巡礼、冒険や体験のかずかず、私の夢、ハートのよろこび、そのすべてが終わってしまうのだ――これは自殺行為だ!
私は靴をぬいで、身体の向きをかえた。そして、音をたてないように静かに階段をおりた。階段の下に着くと、私は後ろを振り返らずに、一目散に駆け出していた。
それ以来、私は何千年ものあいだ走りつづけている。
私はいまでも神を捜している。
彼がどこに住んでいるかはわかっている。だから必要なのは、その場所だけは避けることだ。なぜなら、まちがってそこに行ってしまえば、すべてが終わってしまうからだ。



この寓話のコメンタリーはこちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| スピリチュアル寓話集 | 14:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
22.バグダッドのバラ −スピリチュアル寓話集−

アブドル・カディールは、たぐいまれなる師たちのひとりである。
あるとき、カディールはバグダッドにむかって歩いていた。
当時、バグダッドには、すでに多くの師たちが住んでいた。街はもはや飽和点にたっしていた。そのため、スーフィーの神秘家たちは、カディールにメッセージを送ることを決議した。
使者たちが、街の入り口でカディールを待った。彼らは、水で満たされた広口の壺をテーブルの上に置いた。その意味ははっきりしていた。
「バグダッドの容器はもういっぱいで、もはやあなたのためのスペースはない」
というものだ。
カディールは水で満たされた容器を見て、彼らのメッセージを理解した。
そして、そのあと、だまって水の上に一輪のバラの花をうかべた。
容器の水はこぼれることなく、バラはゆうぜんと水の上にうかんでいた。
それは、「バグダッドにいる神秘家たちをいっさい妨害することなく、私のスペースはととのえられる」ということを示唆していた。
その答えが神秘家たちの集会の席にもたらされると、彼らは歓声をあげて祝福をおくった。
「ブラボー! アブドル・カディールはバグダッドのバラだ!」
神秘家たちはみな、彼を迎え入れるために街の入り口まで走った。



この寓話のコメンタリーはこちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| スピリチュアル寓話集 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
21魚売りの女 −スピリチュアル寓話集−

ひとりの女が魚を売りに町へやってきた。彼女は漁師の妻であった。
自分の持ってきた魚を全部売ってしまったあと、彼女は偶然昔の友人に再会した。
彼女たちは学校時代をともに過ごした仲だった。友人のほうは裕福な家の娘で、その後いつのまにか行き来がとだえていたのだ。
一緒にお茶を飲んだあと、友人は彼女に一晩泊っていくように招待した。友人は大きな家に住み、庭には色とりどりの花が咲いて、かぐわしい香りをはなっていた。
夜、こころゆくまで語りあかしたあと、友人は寝床の用意をし、部屋のなかにたくさんバラの花をかざった。
しかし、漁師の妻はいつまでたっても眠ることができなかった。彼女が何度も寝返りをうつので、となりで眠っていた友人も目をさましてしまった。
「どうしたの。眠れないみたいね」
と、友人が声をかけた。
「ごめんなさい。でも、花の香りが気になって眠れないのよ。魚をいれるカゴと布をここに持ってきていいかしら? それに水をふりまいて、バラの花をとりのぞけば、眠れると思うから・・・」
バラを外に出し、汚れたカゴと布に水をふりまくと、部屋は魚の匂いでいっぱいになった。カゴを枕元におくと、彼女は幸せそうに眠りのなかに落ちていった


コメンタリーはこちらからどうぞ




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| スピリチュアル寓話集 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
10人の馬鹿 − ラマナ・マハリシのスピリチュアル寓話



ラマナ・マハリシのスピリチュアル寓話に、「10人の馬鹿」という話があります。
昔、私はスピリチュアル寓話集というのを少し書いていたことがあって、それがちょうど書き終わったころ、この話を聞きました。
いつか書こうと思ってましたが、なかなかチャンスがなく、それと私の書き手としての素養がないものだから、うまく書ききれないとおもって、ずるずる延期してました。
先日、この項でラマナの「私はだれか?」というメソッドを紹介したので、ようやく書いてみることにしました。
寓話自体は短いものですが、かなり奥深いものがあります。
ラマナ・マハリシは非常にシンプルに、しかもズバリとそのポイントをつくことに、たいへんすぐれています。
そういうことが、現在でも多数の人々を惹きつける魅力なのでしょうね。


こちらからお読みください

ラマナ・マハリシ「私は誰か?」はこちらからどうぞ



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| スピリチュアル寓話集 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
20.種の管理 −スピリチュアル寓話集−

偉大な王には三人の息子がいた。 王はそのなかのひとりを後継者に選びたかった。 それはむずかしい選択だった。というのも、三人ともそれぞれ正直で勇敢な戦士だったからだ。
王は賢者に助言をもとめた。賢者はひとつの方法を提示した。 王は宮殿に戻って、三人の息子たちを呼び寄せた。それから、花の種のはいった袋を三人にわたして、こう言った。
「私はこれから巡礼の旅に出ようと思う。それはおそらく数年かかるだろう。そして、これはおまえたちにとって、ある種のテストだ。私が帰ってきたとき、おまえたちはこの種を私に返さなければならない。もっともよくこの種を守ったものが、私の後継者になるだろう」
そして、彼は巡礼の旅に出かけた。
「この種をどうしようか」と最初の息子は考えた。 そして、彼は鉄製の金庫のなかに種をしまいこんだ。なぜなら父が帰ってきたとき、彼は種をそのままの状態で返さなければならないからだ。
しかし、二番目の息子はこう考えた。
「兄のように金庫にしまいこんだら、種は死ぬだろう。死んだ種は種とは言えない」
彼は市場に行って、種を売って金にかえた。
「父が帰ってきたら、市場で新しい種を買ってそれを返せばよい」
そして、三番目の息子は庭のあらゆるところに、その種をばらまいた。
三年後、父が戻ってきた。
その知らせを聞いて、最初の息子は金庫を開いた。 しかし、種はすべて死んで、悪臭をはなっていた。
父が言った。
「なんということだ! これがおまえにやった種なのか?これらは花を咲かせて、すばらしい香りを放つこともできたのに・・・、種は腐臭をはなっているではないか。これは私の種ではない!」
二番目の息子は市場に走って、種を買い、家に帰って、それを父に見せた。
父は言った。
「しかし、これは同じものではない。おまえの考えは最初のよりはましだが、私の望むところまでは達していない」
彼は三番目の息子のところに向かった。
「彼はなにをしただろうか?」
楽しみと不安が心のなかでうずまいていた。 三番目の息子は彼を庭につれていった。そこにはたくさんの草花が、たくさんの花を咲かせていた。
そして、息子が言った。
「これがあなたのくれた種です。用意ができ次第、種を集めて、あなたにお返しします」
王は満足げにうなずいて、言った。
「おまえが私の後継者だ」


この寓話のコメンタリーはこちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| スピリチュアル寓話集 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
19.これもまた過ぎ去る -スピリチュアル寓話集ー

その王国は強い軍事力と広大な領地を有し、王の権力は絶大だった。 王のもとには多くの賢者があつまり、それぞれの領域で働いていた。 これほどの力(パワー)を有するにもかかわらず、ときおり王は理由のない不安と混乱におそわれた。彼は苦しんでいた。
あるとき、王は賢者たちを召集して、言った。
「理由はわからない。が、私はひとつの指輪を手に入れなければならない」
「どのような指輪ですか?」と長老のひとりがたずねた。
「それは、私の気分を安定させる指輪だ」
「どのような安定をお望みですか?」とまた別な長老がたずねた。
「それは私が不幸なときには楽しくさせ、また同じように、幸福なときにそれを見ると悲しくさせるというようなものだ。私の心の均衡をたもつ、そのような指輪が必要だ」
賢者たちはそれぞれ相談したり、瞑想したりして、解決策を見つけようとしたが、なかなか意見の一致は得られなかった。彼らはついに非常に年老いたスーフィーの師をたずねて、助言を乞うた。 こうして、王の要請にこたえるため、ひとつの指輪がつくられた。 その指輪には銘が刻まれてあった。王は指輪を手にすると、満足そうに微笑んだ。
そこにはこう記されてあった。
――これもまた過ぎ去る。


この寓話のコメンタリーはこちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| スピリチュアル寓話集 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
18.オカルト・パワー  −スピリチュアル寓話集−

ひとりのサドウーが、超常現象をあやつる力をもった。彼はそのオカルト・パワーを自慢して、ときには他人のまえでそれをやってみせた。しかし彼自身は素朴で純粋な心の持ち主で、苦行をつづけながら簡素な生きかたをしていた。
ある日、神がひとりの聖者に姿をかえて、サドウーのもとへやってきた。
「あなたは偉大なオカルト・パワーをもっているとききましたが、ほんとうですか?」
サドウーは聖者をやさしく迎え、自分のとなりに座るようにうながした。そのとき、一頭の象が近くを通りすぎようとした。
聖者が言った。
「あの象を殺すことができますか?」
「たやすいことです」サドウは土のひとかたまりをつかんで、呪文(マントラ)をとなえてから、象にむかってそれを投げつけた。すると、象は突然もがき苦しみ、そのうちに倒れて死んでしまった。
聖者が言った。
「すごい。象が死んでしまった!」
「造作もないことです」とサドウーは愉快そうに笑った。ふたたび、聖者が言った。
「それなら、この象を生き返らすことはできますか?」
「それもできます」
サドウーは別なひとかたまりの土くれに呪文をとなえてから、それを象にむかって投げつけた。すると、象の体がぴくぴく動きはじめ、やがてむっくりと起き上がった。
聖者が言った。
「すごい力(パワー)だ。しかし、ひとつ質問してもよいかな? あなたは象を殺し、またそれを生き返らせた。しかし、それがあなた自身になにをもたらしただろうか? それによって<至福>を得たのかね? そして、神を知ることができたのかね?」
そう言って、聖者はふっと消えてしまった。


この寓話のコメンタリーはこちらからどうぞ




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| スピリチュアル寓話集 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
17.二人のヨギ−スピリチュアル・寓話集−
ナラダは偉大な聖者である。
あるとき、森のなかを歩いていると道のわきに大きな蟻塚があった。蟻塚とは、蟻が土のなかに巣をつくるとき、その土を外に運び出すためにできる小さな丘のようなものだ。しかしそこにあるものは、かなり大きな盛り土だった。よく見ると、その蟻塚の上には人間の顔がのっていた。
「これはなんだろう?」とナラダは思った。「なぜ、蟻塚の上にヨギの顔があるのか?」近づいてみると、そのヨギは目を閉じて座っていた。
「こんなところで、なにをしているのですか?」
ナラダが大声でたずねると、ヨギがゆっくりと目をあけた。
「おお、ナラダか!」とヨギがこたえた。「ここでおまえに会えるなんて、うれしいことだ」
「どうして蟻塚のなかに座っているのですか?」「ここで瞑想しているうちに、蟻たちが巣をつくったのだよ。ところで、おまえはどこへ行くのかね?」
「天国へ行くところです」とナラダが言った。「神に会うためにね」
「おお、神に会うのか!」とヨギが叫んだ。「神に会ったら、私のためにひとつ聞いてきてくれないか?」
「もちろんです!」とナラダはこたえた。「なにを聞いてほしいのですか?」
「私が知りたいのは」とヨギが言った。「このさきどれほど瞑想しなければならないのか? そして、いつ私はこのサムサーラ(輪廻転生)から解放されるのか? それを聞いてほしいのだよ」
「よろこんで」とナラダは約束した。「神に聞いてきます」
そして、彼は森の道を進んでいった。しばらくすると、ナラダの耳に歌声が聞こえてきた。歩きつづけると、森のなかでもひときわ大きな樹の下で、若いヨギが歌い踊っていた。若いヨギは、踊りながらナラダのほうへやってきた。
「おお、ナラダ。こんなところであなたに会えるなんて思いもしなかった。ありがたいことだ。うれしいことだ。どこにいくのですか?」
「天国です」
「天国ですか!」と若いヨギが踊りながら言った。「それなら、ひとつ頼みごとをしてもいいでしょうか?」
「もちろんです」とナラダはこたえた。「なにをしてほしいのですか?」
「ナラダ」と若いヨギが言った。「私は、私の心が清浄になって神に会えるまでに、まだ何度も転生しなければならないのはわかっています。それはまったくオーケーだ。私が知りたいのは、あと何回転生しなければならないかということです。それを神に聞いてもらえませんか?」
「わかりました」とナラダは彼に約束した。「神に聞いておきましょう」
そしてナラダは森を歩きつづけ、ついに天国にたどりついた。天国にしばらく滞在したあと、彼はふたたび地球に戻ってきた。そのあと、地球のあちらこちらを旅してまわるうちに、あるときまた同じ森を通りすぎた。森を歩いていると、蟻塚の真ん中で瞑想するヨギに出会った。
「おお、ナラダ!」とヨギが言った。「神に聞いてくれたかね?」
「ええ、聞きましたとも」
「そうか。それで、神はなんと言ったね?」
ヨギがせきこむようにたずねると、ナラダは静かにこたえた。
「あなたはあと四世にわたって瞑想したあと解放されるだろう、と神は言いましたよ」
「あと四回だって!?」とヨギが叫んだ。「なんということだ! こんなに瞑想して、瞑想して、蟻塚ができるほど瞑想してきたのに、それでもまだ十分じゃないと言う。あと四回もこれを繰り返すのか。絶望的だ!」
ヨギは声をだして泣きはじめた。
「たった四回の生ですよ」
ナラダは静かにそう言って、立ち去った。しばらく森を歩いていると、彼は歌い踊る若いヨギに出会った。
「ナラダ!」と若いヨギが踊りながら言った。「神に聞いてくれましたか?」
「ええ」
「それで神はなんと言いました?」
「この大樹の葉が何枚あるか、数えてごらんなさい。その数と同じだけ生まれ変わったあと、あなたは清浄になって神に会うでしょう」
「おお、すばらしい!」と歌うヨギが叫んだ。「そんなに早く神に会えるとは思わなかった。ナラダ、私は幸せです。今でもこんなに幸せなのに、そのうえ神の言葉まで聞けるなんて! こんど神に会ったら、ありがとうと言っておいてください」
そう言って、若いヨギはますますエクスタティックに歌い踊った。その瞬間、閃光(せんこう)がはしり、天から声がひびきわたった。
「我が子よ!」と声が言った。「おまえはこの瞬間、解放された!」


この寓話の【コメンタリー】はこちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| スピリチュアル寓話集 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
16 マストの上の鳥−スピリチュアル寓話集−

ガンジス川に停泊する船のマストに、一羽の鳥がとまっていた。
ある朝、船は出航して、海にむかった。マストの上の鳥がはっと我に返ったときには、船は岸を遠く離れ、陸地はどこにも見えなかった。
岸に帰ろうと思って、鳥は北へむかって飛びたった。かなり遠くまで飛んでみたが、陸地は見つからなかった。鳥は疲れはて、どうすればよいか考えたあげく、船に戻って、マストの上にとまった。
十分に休養したあと、鳥はふたたび飛びたった。今度は東へむかった。しかし、いくら飛んでも陸地は見つからなかった。どちらをむいても海が広がっていた。鳥は疲れはてて船まで戻り、ふたたびマストの上にとまった。
今度はもっと十分に休息をとってから、南へむかってみた。そのあとには、西へむかってみた。しかし、どの方向へ飛んでも、陸地にはたどりつかなかった。
最後に、鳥は船に戻って、マストの上にとまり、もはやそこを離れなかった。鳥はそれ以上の努力をすることなく、ただマストの上に坐っていた。もう落ち着きをなくしたり、心配したりすることもなかった。鳥は不安と期待から解放されたがゆえに、それ以上の努力を放棄したのだ。
一週間後、船は目的地に着いた。



この寓話の【コメンタリー】 はこちらからどうぞ




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| スピリチュアル寓話集 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode