サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
エルシャダイのお姉さんたち(インド・ゴア)
 エルシャダイの子供たちの作ったポストカードご紹介します。










かわいいですね〜。



これはバックです。

この絵はアクリル絵の具で描いています。

書いたのは、サリマさん!!17歳!!!



この絵も彼女が描いたそうです。

アーティストですね!

彼女もエルシャダイで7歳の頃から過ごしています。

小さい頃に親から、暴力を受けていたそうです。

エルシャダイでの生活は、素晴らしく愛があり、住みやすいところだと、行っていました。

皆家族のように仲良しでした。



マネキンのかつらをかぶって、喜んでいるのは、マルシカさん、17歳。

彼女も、エルシャダイの子供です。

6歳の頃から家出を繰り返して、最後は警察が、エルシャダイにつれてきてくれたんだそうです。

皆、陽気で元気な子ばかりでした。








| チャイルドレスキュー | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
エルシャダイのお店(インド・ゴア)
 ストリートチルドレンの子供たちの学校、エルシャダイは、カラングートにお店屋さんも2週間前に開店しました。



ほとんどの物は、子供たちの手で作られています。

左のお人形も手作りです!



いろんなセンスの良い服もたくさん並んでいます。





なんだかお店も都会的ですよ〜!




このバックも手作り。

この男の子20歳のラヴィ君。

なんと、3000人ものエルシャダイ人口のこの中で1番最初にこの学校に入ったそうです。

最初にカルナタカ州の親元を離れてゴアに来たのは、5歳の時。

すごく貧乏な家族で生まれ、お父さんはアルちゅう。

お母さんにいつも暴力をふるって、お母さんは家を出たそうです。

ラヴィは、自分と同じ境遇のほかの子供たちの大きいお兄さん。

今は、エルシャダイのお家から、このカラングートのお店に通い、学校の子供と触れ合う生活をしています。

いろんな運営の方も任されていて、スタッフとして働いています。

すっごく陽気な子で、いつも冗談ばかり言っています。

エルシャダイは、病院も経営していて、アルチュウ、ドラック関係の親の方も受け入れたりしています。

ここの子供たちのほとんどは、貧乏なだけではなく、親がアルチュウ、暴力、虐待など、さまざまな理由でここで生活しています。

そんな小さな子供達と、ラヴィは、自分のことのように、これからも付き合っていくことでしょう。

大きな大きな家族ですね。








<a href="http://overseas.blogmura.com/"><img src="http://overseas.blogmura.com/img/overseas88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 海外生活ブログへ" /></a>

<a href="http://overseas.blogmura.com/india/"><img src="http://overseas.blogmura.com/india/img/india88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ" /></a>

<a href="http://food.blogmura.com/"><img src="http://food.blogmura.com/img/food88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログへ" /></a>

<a href="http://food.blogmura.com/vegetarianfood/"><img src="http://food.blogmura.com/vegetarianfood/img/vegetarianfood88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ" /></a>

<a href="http://www.blogmura.com/" ><img src="http://www.blogmura.com/img/www88_31_3.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a>








| チャイルドレスキュー | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
エルシャダイの子供達のお家(インド・ゴア)
エルシャダイの子供たちのお家は、小さい子の家、男の子の家、女の子の家と3つあります。

小さい子達の家に行ってきました。



大きなポルトガル式のおうち。

屋根が高いので、すごく涼しかったです。



玄関には、みんなの靴が並んでいました。



みんな人懐っこく、かわいかったです。



学校を休みたい子は、休んでいいそうで、おうちで、自分の好きなことをしています。



これはみんながご飯を食べるテーブル。



たくさんの3段ベット。

小さい子はござで寝ていました。



これは壁に貼ってあったみんなにもっと必要な品々。

サンダル、カッパに、バケツなどなど。

どんどん子供の数は増えるばかりの状態なので、いろんな物が必要ですね。

いろんなスポンサーの愛もたくさん感じられたお家でした。







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| チャイルドレスキュー | 13:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
エルシャダイの夜のショー!!(インド・ゴア)
エルシャダイの子供達のショーに行ってきました。

夜の7時に始まり、学校の敷地内で開催されたこのショー。

ほとんどがヨーロッパ人の手で支えられていた物でした。

どんなのかなーと思っていると、人ごみの中に白いお面をした子供3人が、「こちらにおいで」と体で表現!

みんなで、ついていきます〜!



すると、3人のまたもや白いお面をつけた子供たち!





音楽が始まると、



わー!!皆釘付けでみてます!!!!





ライトアップと音楽が素晴らしく、3歳のへリー君も一言もしゃべらず、釘付け!!!

ただ、写真がうまく取れませんでしたが・・・、

この白いお面の子供たちに導かれ、4箇所も場所を変え、最後の場所で、またもや、釘付け!!







1輪車もインドで始めてみました。





お見事!!!!としか言いようがありませんでした。

子供たち、笑顔で楽しんで頑張って、最高のショーを披露してくれました。

最後は、皆で、白い風船をお空に飛ばしておしまい!!

感動でした。

皆の手で支えられてできた、この素晴らしいショー。

ありがとう!!






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| チャイルドレスキュー | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
エルシャダイの子供たちのご飯タイム(インド・ゴア)
私達もみんなで支援することになったエルシャダイの学校。

カラングートの学校の100人ものご飯タイム。

ご飯も皆さんの支援により賄われています。



4人の方が愛情こめて作っていました。



大きななべで、インド料理!



魚をウコン、チリパウダー、にんにく生姜で、つけています。



これに粒粒の物をつけてあげます。



ゴア料理ですね。



こちらは、野菜カレー。



家庭では、石臼で、1時間以上かけてマサラを作りますが、機械があるんですね〜。

マサラの材料を入れて、スイッチを入れると30分で出来上がり!!

時代は変わりました〜!

写真を1枚撮るごとに見せて見せてと、キャーキャー言いながらの時間。楽しかったですよ。

私は、英語がわからない人には、コンカニー(ゴアの言葉)で、しゃべりかけるのですが、そうすると、みんな心を開いて、いろんなことを話してくれます。

地元の言葉をしゃべると、本当にコミュニ−ケーションがとれます。

今日は時間がなかったので、一緒にご飯を食べれませんでしたが、次回是非一緒にご飯を食べようということで、また楽しみが増えました。

良いエネルギーで、動いているエルシャダイ。心地よい時間が流れています。

子供にとって1番大事なことですね。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| チャイルドレスキュー | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
チャイルドレスキュー2(インド・ゴア)
我が家の近くにある、エルシャダイの学校。

ゴアだけでも、数箇所あるこの施設。

すべて、いろんなスポンサーによって支えられています。



ここは、アサガオの本部の学校とは、ぜんぜん不陰気が変わって、ビルの3階にあります。

狭い敷地内ですが、風が通って気持ちの良いところです。



3歳から10年生くらいまでの、50人ほどがここでいろんなことを学んでいます。



話を聞くと、お母さんたちは、物乞いをしてる方も、どかたで、働いている方も、さまざまな家庭状況。

ほとんどの子がスラムのような場所ですんでいるようです。

ほかの州よりは、稼げるので、みんな子供もつれて出稼ぎに来ます。

そのとき、ほとんどは物乞いから始まるんですが、子供も一緒に物乞いすると、もっとお金がもらえるので、子供は暑い中、親に抱えられ、1日中歩きます。

小さい子は、強い眠り薬を飲まされて、起きないようにしている場合も少なくないそうです。

そこでエルシャダイは、この子達の将来を考えて、まず、親に、この学校に子供を入れるように話します。

でも、彼らは、毎日の物乞いのお金で、生きていってる方たち。

子供1人でも、一緒に物乞いをして、お金がほしい。

子供を学校に入れたら、その日のお金が少しは減る。

その日暮らしの彼らは、子供を学校には入れたがりません。

無料ですべて支援してもらっても、学校に入れたくないのです。

そこで説得して学校に行かせようと考えを変えた方たちの子供たちも、今ここに何人かいるそうです。

スタッフの方たちの熱意が通じたんですね〜!



ここの子供たちは、アサガオの方の子達よりも、少しシャイなようです。

でも子供はかわいい!!

この学校に入れてよかったですね〜!

入ってなかったら、どんな生活をしてたんでしょうね。

これからのこの子達の将来楽しみです。



学校のかばん、制服などもすべて、スポンサーにより支えられています。



子供達の輝かしい笑顔、楽しい未来につながりますね。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| チャイルドレスキュー | 14:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode