サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< マイソール・サンダルウッド・エッセンシャルオイル | main | インドのお正月 (デワリ) >>
シュリ・シュリ・ラビシャンカールの平安


バンガロールからタクシーで約45分郊外に行ったところに、シュリ・シュリ・ラビシャンカールのアシュラムがあります。
シュリ・シュリ・ラビシャンカールは、もともとはマハリシ・マヘシ・ヨギの弟子だった人ですが、今ではインドでももっともポピュラーなグルの一人です。
ここバンガロールには、このシュリ・シュリ・ラビシャンカールのメイン・センターがあり、このセンターの管理下に、「シュリシュリ・アーユルヴェーダ」というアーユルヴェーダのサプリメントを作っている会社があります。

私がここを訪れようと思ったのは、サフランロードでここのサプリメントをいくつか扱っているから、その現場を見てみようと思ったわけです。
ちょうど、マイソール・サンダルウッドの仕入れもかねていたので、いろいろ話も聞いてみたいと期待してきたのです。

門をはいって、レセプションのところにはいると、広大な緑の敷地の向こうにメイン・ホールのトップが見えてきます。



担当のマネージャーに会いたいというと、今日からデワリのためだれもいないということでした。
デワリというのは、インドのお正月のようなものなので、そう言われると「それは、しょうがないわなあ」という気になります。
お正月に行ったて、日本はどこだって休みですものね。
ただ、このスケジュールを決めたときには、デワリだということをすっかり忘れていたのです。いつものことですけど。。。



それで、インタビューのほうはすっかりあきらめて、ぶらぶらホールのほうに歩いていきました。
立派な、きれいなホールですね。ホールの中は写真撮影が禁止されていたので、みなさんにはお見せできませんが、せっかくだったので、まじゅはここで5分くらい瞑想してきました。

ここのアシュラムの特徴は、イージー、クリーン、ピースの三つの質がひとつになっているというかんじです。
雲がうっすらとかすんだライト・ブルーの青空というイメージだと思います。
たぶんこれがシュリシュリ・ラビシャンカールの特質なのでしょう。
気持ちよい雰囲気でしたよ。



オーガニックのフルーツジュースが売店で売っているので、久方ぶりでグワバ・ジュースを飲んできました。20円。こういうところの料金は、ほんとに安いですね。



担当者とは会えないけど、工場の場所を聞いて、そちらに行ってみました。
が、そこも、やはりデワリのため無人状態でした。
はっはっは。
そんなこともあるさ。


シュリシュリ・アーユルヴェーダのアーユルヴェーダ・サプリメント(タブレット)はこちらから入手できます。











にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ





| インド精神世界の観光 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1033133
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode