サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< サイババの奇跡!? | main | サンダルウッドの苗と、お香 >>
マイソール・サンダルウッド(2009年その1)



朝5時半にプッタパーティをでて、8時過ぎにバンガロールに着き、そのままマイソール行きのバスに乗って、11時過ぎには一年ぶりのマイソールに足を踏み入れました。
バンガロールを通過してきたせいか、マイソールは何かひと味違いますね。
街の中に優雅さのようなものが漂っているのです。
やはり、マハラジャの住んだ都だったからでしょうか。
一種独特のよいかんじがかんじられます。
サンダルウッドの都というだけのことはあります。
日本の京都と飛騨高山を足して、二で割ったような雰囲気・・・と言えば、なんとなく想像できるものがあるでしょうか。
もっとも、インド的に言えばってことですが。



ホテルで一休みしてから、政府観光局の物産館「カウベリー」に仕入れに行ってきました。
大きな建物の1回部分が「カウベリー」で、その一角にサンダルウッドのコーナーがあります。



いろいろな彫刻がありますが、高価ですねえ。
ちょと手が出ません。
ガネーシュのキーホルダーが欲しかったので、聞いてみると,もうないという返事です。
数珠の次に欲しかったものなのに・・・残念でした。



サンダルウッドの数珠は108個の玉がありますが、108個の煩悩というのはもともとヒンズー教のなかにあった概念なのですね。
インドの人にしてみれば、ブッダという人もヒンズー教の聖者のひとりなのです。
サンダルウッドのペーパー・ナイフがあったので、今回初めて買ってみました。
サンダルウッドの扇子があれば欲しかったけど、これはなかったですね。

帰りに向い側にあるバザールに入ってみたら、めずらしいバナナを見つけました。
「ムーン・バナナ」とか、「ローズ・バナナ」とか呼ばれているそうです。昔はレッド・バナナと呼ばれていたように思います。
2,3年前まではゴアでもたまに買えたりしたものですが、最近はとんと見なくなってしまったバナナです。



このバナナは血液に鉄分を補給してくれるというので、たいへん健康にすばらしい効果があるんだ、と隣で買っていた女性が教えてくれました。
昔私もそんなことを聞いた覚えがあります。
久しぶりに食べると、むっちりして、もっちりして、甘さととともにほんのり酸苦渋がかんじられて、アーユルヴェーダのバナナだなあ、と思いました。

ラギボールを食べたいと思って、ちかくのレストランなどで聞きますが、どこでも食べることができません。
ようやく、見つけたと思ったら、なぜかマトンとか、チキンとか、だというので、食べることができませんでした。
明日はなんとしてもベジタリアンのラギ・ボールを見つけ出さなくては・・・・
エッセンシャルオイル工場にも行かなくては・・・
久しぶりにマイソールに来ると、いそがしいなあ・・・と言ってよろこんでいます。



サンダルウッドの効果効能はこちら

エッセンシャルオイルの工場(2008年)はこちら



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




| チャンダン(白檀、サンダルウッド) | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1033954
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode