サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< サフランが会わせてくれた人々 | main | 純粋な蜂蜜(はちみつ)の見分け方 >>
サフランの花が、「乾燥ホール・サフラン」になるまで


インドのカシミール地方は、世界的にも有名なサフランの産地です。毎年10月20日ごろから11月10日ごろまで、サフランが花を咲かせ、収穫されて、雌しべがとられ、乾燥されてから、デリーやスリナガルのサフラン問屋に買われていきます。



私はこの時期カシミールを訪れて、その様子を写真に収めたので、説明とともに、それらをシェアーしましょう。



摂氏30度のゴアから行くと、摂氏5度のカシミールは寒いです。私の滞在中に一度雪も降りました。こんな冬を目前にした季節に花を咲かせるサフランは、実に不思議で、神秘的で、美しかったです。




くわしい記事はこちらからどうぞ


2009年11月収穫のホール・サフランは、サフランロードから入手できます。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| サフラン情報 | 10:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
お久し振りです。プネーのカズと言えば思い出していただけますか?一年ぶりのメールになりますか。今、沖縄に滞在していまして、12月3日にプネーに戻ります。もっと前ならマジュさんに会えたのに。今回私と奥さんは三ヶ月プネーに滞在する予定です。今では少ないながらもプネーに日本人の集まりが月1で開催されているようで、参加しようと思っています。それからプネーのカディワレ先生の診療所の場所教えていただけますか? 奥さんが興味があるみたいです。最後に今回沖縄で一番のニュースはダライ・ラマ14世に会って、神の米、イセヒカリを手渡せた事です。メール宛てに返信ください。そしたら写真を添付したいです。カズ
| ヨコヤカズオ | 2009/11/21 3:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1040936
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode