サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< サフランの花が、「乾燥ホール・サフラン」になるまで | main | ハンサ先生の「アーユルヴェーダ講習会」(大阪、沖縄) >>
純粋な蜂蜜(はちみつ)の見分け方


インドにいると、いろいろな蜂蜜(はちみつ)が目に入ります。が、実際のところ、どこまで信用してよいのか、という基準点がわからないので、メーカーの名前を信用して買うか、ローカルのいかにも混ぜ物だろうなと思いながらも、ま、いいか、と妥協して買うか、・・・どちらにしても、いまいちすっきりとしないまま、蜂蜜(はちみつ)を買ってました。

今回はカディワレ先生の診療所での、純粋な蜂蜜(はちみつ)の調べ方を皆さんにお見せしましょう。
ボタニカルが専門だというアマガ・デサイ先生が、診療所内のラボで実際に見せてくれました。



スポイトで蜂蜜(はちみつ)を取り出しているところです。
それを未使用の100%木綿の布地の上にぽたぽたと落としていきます。



水が混じってなければ、布地にしみていかないのだそうです。
このように 玉のようにころころと落ちていきました。

次には、脱脂綿に蜂蜜(はちみつ)を含ませて、それを火にあぶって焼きます。



砂糖や水が混じっていると、焼けるときにばちばち音を立てるそうです。
このときには、純粋ですからもちろん音もなく、静かに焼けていきました。

なるほど、いろいろあるわけですね。
インドの経験的な叡智・・・というものでしょうか。
すばらしいものです。


詳しい「純粋な蜂蜜(はちみつ)の見分け方」は、こちらのぺーじからどうぞ。


アーユルヴェーダの純粋な蜂蜜(はちみつ)は、サフランロードから入手することができます。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| アーユルヴェーダ | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1043050
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode