サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< デリーの朝 | main | ゴアでのおやつ >>
デリーのホテル事情、昨今


初めてデリーに来たのが30年前。英語もほとんど話せない若き青年だった。
そのとき、最初に泊まったのがパハルガンジー、メインバザールにあるこの「ブライト・ホテル」。
泊まったのはドミトリーで、一泊2ルピーだった。けど、当時は1ドルが9ルピーで、1ドルが300円だったから、一泊が70円くらいだったわけ。

ちなみに、いま一番安い部屋の値段を聞いたら、一泊150ルピーだそうです。ということは、300円。
30年で4倍の値段。だけど、当時私は印刷現像会社で仕事したことがあったが、一ヶ月の給料が手取りで55,000円くらいだった。
今なら20万以上は稼ぐだろうから、当時の4倍、けっきょくホテルの値段は価値としては同じだということになるのです。

インドは不思議だ。



それから10年位してから泊まったことのある、パヤル・ホテル。
入り口に日本語が書いてある。
昔とまったく同じ。
このホテルの屋上にある2部屋は雰囲気がいいのです。
屋上が広いのと、下の喧騒を雲の上で聞いているような感じだからです。
朝方、広い屋上でヨガをやったような記憶がある。
当時は、35ルピーだったように覚えているけど、レートは覚えていない。今は250ルピーだと言ってました。



ブライトホテルの先を右に曲がってどんつきのところに、「ナマスカール・ホテル」がある。
90年代はよくここに泊まったものです。
250ルピーで、エアコンだと450ルピーだった。



ナマスカールホテルがいっぱいなときは、その一本後ろの通りにあるグローイン・ホテルにとまったりしてました。
ここはエアコン・ルームだけで、500ルピーでした。

最近は、だんだん年もとってきたので、けっこう中級ホテルに投宿します。
このところ2,3年は、友人のアペちゃんの紹介で、今のホテルにとまるようになりました。
ACの部屋の中で24時間インターネットができるのが魅力です。
それと、ホテルの管理がきちんとしている・・・ような気がします。最もインドはインドですから・・・
1泊900ルピー、約1800円。

夜正面から写真をとると、けっこう美しいなあ。このホテルも。。。




さて、今日はこれからネパールだ。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| インド・ゴア | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1067700
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode