サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< 街角のガネーシュ | main | ネパールの神殿 >>
ヒマラヤのはちみつ


4,5日前の新聞にこんな写真がのってました。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、ヒマラヤの岸壁にロープをたらして、人が吊り下がっています。
なにかな、と思って聞いてみると、岸壁に巣をつくる蜂の巣からはちみつをとっているのだそうです。
その部分を拡大してみると、こんな写真です。



ヒマラヤのはちみつはこんな危険をおかして集めているんだ、というような記事が書いてあるそうです。

カトマンズで滞在していたホテルのすぐ近くに、ヒマラヤのはちみつだけを売っている店があったのを思い出して、行ってみました。
その店には、いろいろな写真が飾ってあったので、ど迫力のある写真をとらせてもらいました。



いやはや、なんとも、すごいですね。
このはちみつはただのはちみつではなく、薬なんですよ、と店の女性が言ってました。
味見させてくれたのですが、たしかにそのままで、はちみつに薬草が混じったような濃厚な薬効効果を想像することができます。

それにしても、こんなふうに突然人がやってきて、自分たちの家を荒らされる蜂たちのほうも、たまったもんじゃないですね。



こうして採集された蜜は、ヒマラヤのはちみつとして、50ccくらいの入れ物に入って、2000円くらいで売ってました。
日本に行ったら1万円以上になるんでしょうね。
それにしても希少価値のある、いろんな意味で、すごいはちみつでした。




ヒマラヤのはちみつではないですが、アーユルヴェーダのはちみつが100%純粋なはちみつであるかどうかを調べる方法。こちらのページからご参照ください。


アーユルヴェーダ・ハーブ用の、純粋なはちみつはこちらから入手できます。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| ネパールの風景 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1070310
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode