サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< シラジットの精製法(ネパール) | main | 私の部屋 (ポカラ) >>
おいしいネパールの定食(ダル・バート)


インドでは定食のことを「ターリー」といいますが、ネパールでは「ダル・バート」と言います。
ダルは豆のスープ状のもの、バートはご飯です。
上の写真はポカラにある「タルカリ・キッチン」のダルバート。
いままででいちばん豪華なダルバーとです。
でも日本円で、300円。安い。
しかし、ネパールではいままでで一番高かったです。
豪華なんですが、辛かった。
ですけど、見ごたえも、食べごたえもありましたね。
基本的に、ダルバートは食べたいだけ食べることができます。

こちらはカトマンズにある「タルカリ・バンチャ」のダルバート。
いろんなところでバンチャという文字を見るので何かと思ってましたが、ネパール語でキッチンという意味だそうです。
ここもけっこういいレストランです。一食、150円。もちろん食べ放題。



次は場末のレストラン。「地球の歩き方」に紹介されていたので行ってみました。
ちょっとうらぶれた場所にあって、なかも薄暗くて大丈夫かいな、と最初思ったけど、とにかく馬鹿安なので、それからも何回か行きました。45円。信じられない値段ですね。
もっともライスをおかわりすると、別料金です。が、それでもめちゃ安。20年前なら、毎日でも来てたかもしれない。
おかずも2品あって、アチャールも2品あって、けっこういけてました。



ポカラの一般の食堂に行くと、大体下のような感じになります。
ダルスープに、おかずが1品、そしてライスとつけもの、といったかんじで、120円くらい。
3−4日に一回くらい、あちらこちらの食堂で食べてます。
あとは、モモ(餃子)とか、チョウメン(焼きそば)とか、ツクパ(ラーメン)とか、たべますね。 
ときどき、イタリア料理や、日本食レストランにも行きます。



一般の家庭に行くと、こんなかんじのダルバーとです。
ここは、シラジットのサハラさんのお宅。
サハラさんの母上が作っているから、やっぱり家庭の味で、素朴で、ほんのり、やさしい味でした。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ


| ネパールの風景 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1073712
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode