サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< チャイルド・レスキュー(ゴア) | main | エルシャダイの子供たちのご飯タイム(インド・ゴア) >>
チャイルドレスキュー2(インド・ゴア)
我が家の近くにある、エルシャダイの学校。

ゴアだけでも、数箇所あるこの施設。

すべて、いろんなスポンサーによって支えられています。



ここは、アサガオの本部の学校とは、ぜんぜん不陰気が変わって、ビルの3階にあります。

狭い敷地内ですが、風が通って気持ちの良いところです。



3歳から10年生くらいまでの、50人ほどがここでいろんなことを学んでいます。



話を聞くと、お母さんたちは、物乞いをしてる方も、どかたで、働いている方も、さまざまな家庭状況。

ほとんどの子がスラムのような場所ですんでいるようです。

ほかの州よりは、稼げるので、みんな子供もつれて出稼ぎに来ます。

そのとき、ほとんどは物乞いから始まるんですが、子供も一緒に物乞いすると、もっとお金がもらえるので、子供は暑い中、親に抱えられ、1日中歩きます。

小さい子は、強い眠り薬を飲まされて、起きないようにしている場合も少なくないそうです。

そこでエルシャダイは、この子達の将来を考えて、まず、親に、この学校に子供を入れるように話します。

でも、彼らは、毎日の物乞いのお金で、生きていってる方たち。

子供1人でも、一緒に物乞いをして、お金がほしい。

子供を学校に入れたら、その日のお金が少しは減る。

その日暮らしの彼らは、子供を学校には入れたがりません。

無料ですべて支援してもらっても、学校に入れたくないのです。

そこで説得して学校に行かせようと考えを変えた方たちの子供たちも、今ここに何人かいるそうです。

スタッフの方たちの熱意が通じたんですね〜!



ここの子供たちは、アサガオの方の子達よりも、少しシャイなようです。

でも子供はかわいい!!

この学校に入れてよかったですね〜!

入ってなかったら、どんな生活をしてたんでしょうね。

これからのこの子達の将来楽しみです。



学校のかばん、制服などもすべて、スポンサーにより支えられています。



子供達の輝かしい笑顔、楽しい未来につながりますね。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| チャイルドレスキュー | 14:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
はじめまして!
http://segiaic.cocolog-nifty.com/blog
にてインドについてのブログを書いている、「あっしゅ」こと平山と申します。

今、インドのブログポータルサイトを立ち上げています。
まだ中身はスッカラカンですが…「シバンス」と言うサイトです。
シヴァのダンスから来ています。
インドをもっと色んな人に知ってもらって、
逆にインド人にもっと日本を知ってもらって…
国の間の玄関口になれれば良いな、と思ってます!

もしも興味がおありでしたら、
segi.aic@gmail.com
までご一報ください!
詳しくお話させて頂きます!

ブログ楽しみにしておりますー。
突然連絡させて頂きまして申し訳ありません。
それでは、失礼しますっ><
| あっしゅ | 2010/12/01 3:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1105365
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode