サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< ゴアンソング(インド・ゴア) | main | クリスマス色のマーケット(インド・ゴア) >>
アーユルヴェーダ・リゾートの食事のすべて!
 


今日は南インド(ケララ州)にあるアーユルヴェーダ・リゾート、「ソマティーラム」の食事をお見せしましょう。

来たばかりの頃は、うれしくて、おいしくて、感動して、ビュッフェ形式なもんだから、山盛り、てんこ盛りです。





味付けがあっさりしていて、しかも使われている野菜がローカルなもの、いろいろ聞くと、コックさんが説明してくれるし、いたれりつくせりです。





ライスが隠れるくらいとってますね。
青ホーレンソウ、赤ホーレンソウとココナッツのあわせものとか、ドラムスティックの惣菜とか、めずらしい、おいしい素材がいっぱいです。

ときには、こうしてシェフがアーユルヴェーダ料理教室を開いてくれます。





そうして、毎日毎食、楽しく、うれしく、満足して、たべることができます。
ほんと、なかなかに、ありがたい、ことです。





だんだん正常になると、だんだん食事の量も減ってくる。?

5日目をすぎるころには、取る量も減ってきました。




ここで、働くウエーター君たち。

陽気でした。
南インドの男たち・・・。




10日間のビューティー・トリートメントに来ていたロシア人の親子。

二人とも、顔つやがぴかぴか光ってますよね。





昼間だと、ここのレストランから下のほうに海が見えるのです。

ソマティーラムの中にもプールはありますが、5分も歩けば、海(プライベート・ビーチ)があって、泳げます。

2月ごろは、海水浴が気持ちいいでしょうね。

ただいるだけでも気持ちよい、アーユルヴェーダ・リゾートの食事風景でした。


サフランロードでは、2011年2月27日から、1週間、ソマティーラムでのアーユルヴェーダ・セミナー(ツアー)を開催します。








南インドでの、アーユルヴェーダ・セミナーのお問い合わせは、サフランロードからどうぞ。













| アーユルヴェーダ | 11:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/23 2:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1105635
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode