サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< アルゴビのレシピ(インド・ゴア) | main | 子供のお気に入りインド目薬(インド・ゴア) >>
アーユルヴェーダ・セミナー(南インド)のはじまり


2月27日から3月6日まで、南インドのソマティーラムというアーユルヴェーダ・リゾートで、サフランロード主催の「アーユルヴェーダ・セミナー」を開きました。

ソマティーラムは世界ではじめて、本格的なアーユルヴェーダ・トリートメントをするリゾートとして1987年にオープンしたそうです。




施設のなかは自然がいっぱいで、とても落ち着くところです。

2月末とはいえ、まだけっこう涼しいですね。ことしは・・・

アーユルヴェーダの施術をおこなうところ、アーユルヴェーダ・センターです。
敷地のほぼ真ん中にあります。





行くと、こういう美人がていねいに出迎えてくれる。




2月27日の朝、こちらに到着した人々・・・

まだ疲れと緊張が顔に表れていますね。






朝食のあと、まずはドクターとの個人面接です。

問診、聴診、検診、血圧も測るし、脈数も毎回数えます。




このあと身体の特徴を教えてもらい、ドーシャに合わせた、トリートメントが決められていきます。

パンチャカルマとか、りジュミネーション・パッケージとか、ビューティー・トリートメントとか、いろいろ紹介されます。


最後の日には、参加者からこんな感想もいただきました。

「自分のドーシャを性格に判断してもらい、自分の体質に合わせてプログラムが組まれてよかった。
また、担当のセラピストが決まっていたので、安心して受けることができてよかったです。
インド本場で受けるトリートメントと、日本でのこまやかなマッサージのちがいも身をもって体験できたのが、私にとっていちばんの収穫です」


夜には下のようなショーがおこなわれて、満員のお客さんにそうとう受けてました。





わが息子、タミロも、食い入るようにして見てました。





一日のトリートメントのあとなので、みんなの顔ももうすっかりリラックスしていました。

ほんとに、すばらしく贅沢な「アーユルヴェーダ三昧の日々」の始まりです。

これから何回かに分けて、皆さんにもご紹介していきましょう。






たいへんご好評をいただいた「アーユルヴェーダ・セミナー」、次回はあきさんの担当で、7月の末ごろにおこなう予定です。

乞う、ご期待!



アーユルヴェーダのサプリは、サフランロードから入手できます。



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
| アーユルヴェーダ | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/1105672
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode