サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< 似たようなお話 | main | ディワリ >>
ベジタリアンになろう!
最近、プーナにいるのですが、友人のMさんがいろいろショックなビデオを見せてくれています。
いちばんショックだったのは、カーギルという飼料会社が遺伝子組み換えの種でつくった安い穀物飼料をもって、現地の飼料を駆逐し、世界中を支配下に置いている状況を描いたビデオ。豊かになった人々が牛肉を食べたいがために、遺伝子組み換えの穀物が牛に与えられ、ひいては人間が食べている。
地球には億単位の人間たちが飢餓に苦しんでいますが、牛などの家畜に与えられる大豆やトウモロコシの10%があれば、彼らを全員飢餓から救うことができるのだそうです。
みんなでベジタリアンになろう!

それからもう一つのショックしたビデオは、遺伝子組み換えの種を扱っているモンサントという会社についてのもの。遺伝子組み換えの種を売ってるだけでも信用できないかんじがするけど、この会社は完全なチェック体制をしいて、農民たちが種を毎年自分たちから買うことを強制し、強権をもって従わせようとしている姿です。収穫した種を翌年使うかどうかは農民の意思に任せるべきでしょう。毎年、モンサントから買わなければ、裁判に持っていくぞと脅したり、すかしたり。。。アメリカの一人のマスターのために世界中の農民が奴隷状態になっているのは、見ていてあまりいい気持ちがしないですね。
こういった種を買ったインドの綿農家の人々は、結果的に大きな損失をこうむり、毎月数百人単位で自殺せざるを得ない状況に追い込まれ、世界中のそんな犠牲の上に、モンサントという会社は今年も莫大な利益を出しているそうです。

フム!?。
世界はおかしい。
牛丼を食べるのをへらして、野菜カレーをたべよう!
豚を食わないで、ベジタリアンになろう!
私はベジタリアンですけど、肉食わなくても、グルテンミート(小麦タンパク)を作るとおいしいマクロビオティック・菜食料理が食べれますよ。
おいしい野菜カレーの作り方はこちらからどうぞ。

ビデオに興味のある方は、http://video.google.com/で「カーギル」、「モンサント」で検索してください。
ひどい話ですよ。
http://video.google.com/videosearch?q=monsanto+documentary&emb=0&aq=0&oq=monsanto#
http://video.google.com/videosearch?q=monsanto+documentary&emb=0&aq=0&oq=monsanto#





| 菜食主義 | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/874868
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode