サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< 瞑想の目的 | main | チャンダン(白檀、サンダルウッド)の花言葉 >>
チャンダン(白檀・サンダルウッド)情報(抄訳)
PLANT CULTURE Sandalwood(抄訳)

チャンダン(白檀・サンダルウッド)はインドとインドネシアがおもな輸出産地であり、アメリカとフランスがもっとも大きな輸出先です。
インドが世界のチャンダン(白檀、サンダルウッド)オイルの90%を産出し、最高級品質オイルの75%がマイソールから得られます。

木の色が濃いほど、そこに含まれるオイルの量は豊富です。
「鳥の目」と呼ばれるものがもっとも高価な木で、たいへん多くのオイルを含んでいますが、それは木が損傷を与えられた結果としてできるものです。

チャンダン(白檀、サンダルウッド)の木は、幹の周囲が60cmになったものを、モンスーンの時期に根っこから掘り起こされて収穫されます。
収穫されたチャンダン(白檀、サンダルウッド)の木は材木にされて、中央集配所に運ばれます。
心髄の部分はエッセンシャルオイルの抽出に向けられ、白木の部分は彫刻に向けられます。

木は等級別によって売買されます。幹の大きさによって1−3等にわけられ、根っことふたつの枝木も三つのクラスに分けられます。
短いもの、ねじれたもの、木片、おがくずなどにもクラスがあります。

エッセンシャルオイルを造るには、木材をチップにし、粉にひきます。現在、ほとんどのサンダルウッドオイルは粉を蒸気蒸留法によって製造されます。
古木になればなるほど良質のオイルを多く含みます。
オイルは消費者に渡され、蒸留されたあとの粉は香の材料になります。

チャンダンの知識と使い方


インド・アーユルヴェーダ

| チャンダン(白檀、サンダルウッド) | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/876281
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode