サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< ゴアの朝と、モーツアルト | main | コカムバターのかたまり >>
8.瞑想の体験

瞑想の体験がある、と誰かが言うときには、ふたつの意味合いが考えられます。
ひとつは、瞑想した体験をもっている、という場合。
瞑想したことがある人は、ある意味では、すでにたいへん恵まれています。
なぜなら、瞑想という概念とその実習は、人類の歴史のなかでも、まだたいへん新しいもので、おそらく一万年以上はたっていないでしょう。
そして、ざっと見渡してみても、人間以外に瞑想する動物というのはおらず、サルや鯨が坐禅をくんでいる、などという姿は見たこともは聞いたことがありません。

このあとはこちらのページからどうぞ

| 瞑想(メディテーション) | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/898340
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode