サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< 17.二人のヨギ−スピリチュアル・寓話集− | main | ニーム、「村の薬局」といわれるインドのハーブ >>
瞑想におけるヨガとタントラのアプローチ

ヨガにおける基本的な瞑想の手法は、意識の焦点を一点に集中して、あちらこちらと散漫に動きまわるマインドを固定させようとするものです。
第三の目に焦点をあわせて、そこに現れる光とか色とかを見つづける技法だとか、シバやクリシュナの姿をイメージして、そこに意識を没頭させる技法とか、技法は無数にありますが、基本的には意識を一点に集中させて、三昧の境地(サマーディー)にとどまり、意識の対象だけが存在し、ほかのすべてが意識の上から消えてなくなるという状態を目指します。

これにたいして、タントラの基本的なスタンスは、あらゆるものをあるがままに受け入れるという姿勢のものです。
もともとタントラは技法という意味でも用いられてきた言葉で、ビギヤン・バイラブ・タントラという瞑想の技法集のなかには、112の瞑想技法がシバとパルバッティー(シバの奥方)の質疑応答という形の詩篇で紹介されています。
これらの技法のなかには、ヨガの瞑想として紹介されているものもありますが、もともと技法ですから、本来そこにはヨガ的とかタントラ的とかの相違はないのです。
違いはその技法へのアプローチのしかたによってでてきます。

この先はこちらからどうぞ



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| 瞑想(メディテーション) | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/930314
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode