サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< 気功のクラスと、青いマンゴー | main | 17.二人のヨギ−スピリチュアル・寓話集− >>
アーユルヴェーダのオーガニック・ハーブ



もともとアーユルヴェーダのハーブは天然のハーブで、オーガニックであるのは当たり前だったのですが、数十年前からいわゆる化学肥料というものがもたらされて、西洋ではオーガニックナ野菜をはじめ、あらゆるものが再び自然の有機栽培のものが高く評価され始めています。たいへんよいことで、私もできるだけオーガニックなプロダクトを使っています。

このオーガニックという文字を商品に使うためには、世界に認められたオーガニックの検証機関にチェックしてもらい、その費用を支払わなくてはならないので、インドの農家ではなかなかたいへんな費用です。
ところが、最近ではようやくこの「オーガニック」という意識がインドの中にも浸透しはじめてきているようで、さまざまなところでこのオーガニック・プロダクトがでまわるようになってきました。

アーユルヴェーダのなかならも、ようやくオーガニックなものが出始めてきたようですが、そのなかでもオーガニック・インディアというところからでているアーユルヴェーダのオーガニック・ハーブのサプリメントが、人々の信頼を得て、だんだんポピュラーになってきています。
やっぱりある程度の長期間、飲み続けるものなら、安心して飲めるサプリメントがよいですものね。

このオーガニック・インディアという会社は、ベラナレスの近くのラクノウというところにあって、もともとはパパジというスピチュアル・マスターのもとに集まった人たちが始めた会社なのです。
私も1990年代にこのパパジのもとを訪れて、ラクノウにも数ヶ月滞在したことがあるので、この会社とは直接的には何も関係ないですが、なんとなくここのオーガニック商品には親近感をかんじます。

このようなオーガニックなハーブやスパイスなどは、インドではこれからもどんどん出てくるようになると思うし、またそうあってほしいとも思うんですよ。



アーユルヴェーダのオーガニック・ハーブ・サプリメントはこちらから入手することができます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| アーユルヴェーダ | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode