サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< アーユルヴェーダのオーガニック・ハーブ | main | 瞑想におけるヨガとタントラのアプローチ >>
17.二人のヨギ−スピリチュアル・寓話集−
ナラダは偉大な聖者である。
あるとき、森のなかを歩いていると道のわきに大きな蟻塚があった。蟻塚とは、蟻が土のなかに巣をつくるとき、その土を外に運び出すためにできる小さな丘のようなものだ。しかしそこにあるものは、かなり大きな盛り土だった。よく見ると、その蟻塚の上には人間の顔がのっていた。
「これはなんだろう?」とナラダは思った。「なぜ、蟻塚の上にヨギの顔があるのか?」近づいてみると、そのヨギは目を閉じて座っていた。
「こんなところで、なにをしているのですか?」
ナラダが大声でたずねると、ヨギがゆっくりと目をあけた。
「おお、ナラダか!」とヨギがこたえた。「ここでおまえに会えるなんて、うれしいことだ」
「どうして蟻塚のなかに座っているのですか?」「ここで瞑想しているうちに、蟻たちが巣をつくったのだよ。ところで、おまえはどこへ行くのかね?」
「天国へ行くところです」とナラダが言った。「神に会うためにね」
「おお、神に会うのか!」とヨギが叫んだ。「神に会ったら、私のためにひとつ聞いてきてくれないか?」
「もちろんです!」とナラダはこたえた。「なにを聞いてほしいのですか?」
「私が知りたいのは」とヨギが言った。「このさきどれほど瞑想しなければならないのか? そして、いつ私はこのサムサーラ(輪廻転生)から解放されるのか? それを聞いてほしいのだよ」
「よろこんで」とナラダは約束した。「神に聞いてきます」
そして、彼は森の道を進んでいった。しばらくすると、ナラダの耳に歌声が聞こえてきた。歩きつづけると、森のなかでもひときわ大きな樹の下で、若いヨギが歌い踊っていた。若いヨギは、踊りながらナラダのほうへやってきた。
「おお、ナラダ。こんなところであなたに会えるなんて思いもしなかった。ありがたいことだ。うれしいことだ。どこにいくのですか?」
「天国です」
「天国ですか!」と若いヨギが踊りながら言った。「それなら、ひとつ頼みごとをしてもいいでしょうか?」
「もちろんです」とナラダはこたえた。「なにをしてほしいのですか?」
「ナラダ」と若いヨギが言った。「私は、私の心が清浄になって神に会えるまでに、まだ何度も転生しなければならないのはわかっています。それはまったくオーケーだ。私が知りたいのは、あと何回転生しなければならないかということです。それを神に聞いてもらえませんか?」
「わかりました」とナラダは彼に約束した。「神に聞いておきましょう」
そしてナラダは森を歩きつづけ、ついに天国にたどりついた。天国にしばらく滞在したあと、彼はふたたび地球に戻ってきた。そのあと、地球のあちらこちらを旅してまわるうちに、あるときまた同じ森を通りすぎた。森を歩いていると、蟻塚の真ん中で瞑想するヨギに出会った。
「おお、ナラダ!」とヨギが言った。「神に聞いてくれたかね?」
「ええ、聞きましたとも」
「そうか。それで、神はなんと言ったね?」
ヨギがせきこむようにたずねると、ナラダは静かにこたえた。
「あなたはあと四世にわたって瞑想したあと解放されるだろう、と神は言いましたよ」
「あと四回だって!?」とヨギが叫んだ。「なんということだ! こんなに瞑想して、瞑想して、蟻塚ができるほど瞑想してきたのに、それでもまだ十分じゃないと言う。あと四回もこれを繰り返すのか。絶望的だ!」
ヨギは声をだして泣きはじめた。
「たった四回の生ですよ」
ナラダは静かにそう言って、立ち去った。しばらく森を歩いていると、彼は歌い踊る若いヨギに出会った。
「ナラダ!」と若いヨギが踊りながら言った。「神に聞いてくれましたか?」
「ええ」
「それで神はなんと言いました?」
「この大樹の葉が何枚あるか、数えてごらんなさい。その数と同じだけ生まれ変わったあと、あなたは清浄になって神に会うでしょう」
「おお、すばらしい!」と歌うヨギが叫んだ。「そんなに早く神に会えるとは思わなかった。ナラダ、私は幸せです。今でもこんなに幸せなのに、そのうえ神の言葉まで聞けるなんて! こんど神に会ったら、ありがとうと言っておいてください」
そう言って、若いヨギはますますエクスタティックに歌い踊った。その瞬間、閃光(せんこう)がはしり、天から声がひびきわたった。
「我が子よ!」と声が言った。「おまえはこの瞬間、解放された!」


この寓話の【コメンタリー】はこちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

| スピリチュアル寓話集 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/939612
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode