サフランの道

インドのレストランにいったら、ドアのところに「幸福のレシピ」というのがあった。愛と慈悲のサフラン(ロード)・インド・ブログです。
<< 22.バグダッドのバラ −スピリチュアル寓話集− | main | 23探求 −スピリチュアル寓話集− >>
菜食主義とアーユルヴェーダ



菜食主義とは・・・

菜食主義(ヴェジタリアニズム)、菜食主義者(ベジタリアン vegetarian)とは、宗教・思想上または健康上の理由などから「動物を屠殺、もしくは傷付けて得られる食品」を食べないこと、そしてそれを実行する人々をさして使われる言葉です。
非肉食の思想である菜食主義(ヴェジタリアニズム)は、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教、キリスト教の一部(ローマ・カトリックのトラピスト会の僧侶から、セブンスデー・アドベンチスト教会派など)、モルモン教、ラスタファリズムなどに共通して存在します。
うち前三者はインドを起源とする不殺生(アヒンサー)の考え方に基づいています。現代西洋のニューエイジ的潮流から発した菜食主義(ヴェジタリアニズム)も、それらの影響を少なからず受け継いでいます。

アーユルヴェーダと菜食主義

もともとインドで生まれたヒンズー教、仏教、ジャイナ教は菜食主義を提唱しており、菜食主義はこれらの宗教の教義の一つと考えられています。これらの宗教が菜食主義を唱えるのは、アヒムサー(不殺生)という概念に基づいています。「盗むべからず」、「殺すべからず」という基本的な教えのひとつ。このサンスクリット語は、文字通りには、「傷つけないこと」を意味し、アヒムサー(不殺生)を実行することは霊性修行に必要な基本的条件のひとつと考えられている。
これらの宗教的な背景から生まれ、発展してきたヨガやアーユルヴェーダは、肉食は攻撃性と神経症を増大させるラジャス(刺激)的な食べ物として、ともに菜食主義を唱える。インドにおける菜食主義は、基本的には乳製品をとるラクト・ヴェジタリアンであるが、ヨガのアシュラムなどでは乳製品やタマネギ、ニンニクなどもとらない厳格なビーガン的菜食主義に徹底しているところもある。

ベジタリアンの有名人

ボリウッド(インド)の俳優たちでは、アミール・カーン、カリーナ・カプール、ジョン・アブラハム、マニーシャ・コイララ、ジュヒ・チャウラ、エシャ・デオル、ラフル・デブ、アディティ・ゴブリティカール、シャヒド・カプール、アムリタ・ラオ、マリカ・シェラワト、ラビーナ・タンドン、アイーシャ・タキア。




詳しくは、こちらからどうぞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
| 菜食主義 | 15:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/09 3:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ayur-indo.com/trackback/967938
トラックバック
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode